2 🧩 箱の中身をご確認下さい

"life is like a box of Bittle." 🔍

2.1. Pre-assembled Bittle 組立済みバイトル

組み立て済みのバイトルが届いた場合は、首を胴体に差し込んで、膝を自然な角度に曲げる必要があります。巻き線を膝側から肩側に引きずるようにして、膝関節が回転したときに圧迫感が出ないようにします。

電池のボタンを2~3秒長押しすると、電源のオン/オフができます。赤外線リモコンの電池の絶縁シートを抜くと、バイトルの動きをコントロールできるようになります。

組み立て済みのバイトルは、あくまでも粗調整されたものです。Arduino IDEをセットアップして、バイトルのセンサーを較正し、最高のパフォーマンスを発揮するためにジョイントを微調整する必要があります。

摩擦は、歩行時のダイナミックなバランスに重要な役割を果たします。シリコン製のつま先カバー(ソックス)は、グリップ力を向上させることができますが、テスト環境の予測不可能な表面の違いを増幅させてしまいます。そのため、通常の使用では、歩行を調整したり、特定の作業を行うために摩擦を必要とする場合を除き、ソックスなしでバイトルを走らせることをお勧めします。

2.2. 未組立バイトルキット

組み立てられていないバイトルのキットを注文した場合、挑戦的で楽しいパズルを解かなければなりません。バイトルの設計論理を理解した上で、ロボット工学について学ぶことができます。詳しくは次の章をご覧ください。

最終更新